2006年5月1日、会社法施行により会社に
関する法律が大きく変わりました。
株式会社の設立が簡単になりました。

主な変更点は以下の通りです。

・資本金が1円でも誰でも会社を設立できるようになりました
・取締役1名だけでも会社を設立できるようになりました
・取締役の任期を最大10年まで延ばすことも可能です
・類似商号を気にしなくてもよくなりました
 

資本金が準備できない、名前だけの役員を入れなければいけないのはイヤだ・・・
などの理由で会社設立をためらっていた方には朗報です。
アイデアと行動力さえあれば、あなたも「株式会社社長」として事業を始めることが
できます!
 
当事務所は定款の電子認証に対応しています。
定款認証の際に必要な4万円の収入印紙は不要となります。
「有限会社」はなくなります!
会社法施行により、有限会社法は廃止され、有限会社は全て株式会社として扱わ
れます。
つまり、有限会社は「有限会社」という名前の株式会社になります。
新しく有限会社を設立することはできません。

Q1. 今ある有限会社はどうなるのでしょうか?
A1. 2つの選択肢があります。
まず1つは、一定の手続きを行い、名前から全て完全に株式会社になること。
もう1つは、現在のまま、有限会社と言う名前の株式会社になること。
何も手続きをしなければ、現在の有限会社のまま存続することができます。
Q2. どちらがいいのでしょうか?
A2. 「有限会社」よりは「株式会社」の方がイメージがいい、信用も高まりそうだとお考えの方は、株式会社に変えられるといいでしょう。しかし、デメリットもあります。
まず、有限会社の取締役には任期というものがありませんが、株式会社の場合は任期が2年、一定の条件により最長でも10年と決められています。
少なくても10年に1回は役員変更の手続きをしなければいけません。
また、有限会社では義務付けられていない決算公告が、株式会社では義務付けられています。
さらに、「有限会社○○」から「株式会社○○」と名前が変わるため、印鑑、名刺など会社名の入ったものを全て作り直さないといけません。「株式会社」という名前にこだわらなければ、有限会社は小さな会社には便利です。
確認株式会社/確認有限会社の経営者の方へ
最低資本金制度が廃止されたため、設立から5年以内に増資しなくても会社は存続できます。
ただし、定款に定めてある解散事由(5年以内に増資できなければ解散する)は自動的にはなくなりません。
定款変更して解散事由を廃止することをお忘れなく!

会社の設立、定款の見直し・変更などのご相談をお受けしています。
お気軽にご相談下さい。
◇本間行政書士事務所 代表 本間大介
〒501-3155 岐阜市岩田坂二丁目14番38号
TEL:058-227-2824 FAX:058-227-4468
E-mail:info@d-honma.com