記事一覧

永住権がなくなる?

2012年7月、入管法の改正により新たな在留管理制度がスタートします。
これによる主な改正点は
①「在留カード」の交付
②在留期間が最長5年に
③みなし再入国制度が導入
④外国人登録制度が廃止

詳しい内容については入国管理局のサイト
http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/index.html
をご参照下さい。

この話がどう間違って伝わったのか、
「永住権(在留資格:永住者)がなくなるの?」
という相談が中国人の方から何件かありました。

この改正で永住者という在留資格がなくなるということはありませんのでご安心を。

中国語チラシ完成!

行政書士の仕事には、外国人が日本で生活したり、仕事をするための在留資格の取得や、変更、在留期間の更新などの入国管理局へ提出する申請書の作成があります。

また、在日外国人から会社の設立や仕事をする上での契約書についての相談を受けることもあります。

そこで、妻に翻訳を依頼し、在日中国人の方向けに、
「中国語版 本間事務所案内」
を作成しました。
近所の中国人経営の飲食店等に配布予定です。

中国語でのご相談も受け付けております。
(中国以外の国の方からのご相談もお受けいたしますが、現時点では日本語のできる方に限らせていただいております)

在留期間更新

先週申請した、国際結婚で日本に来られた方の在留期間更新の許可が出たと連絡があり、今日は入管へ手続きに行ってきました。
(今回は申請から許可までに3日と、とても早かったです)

その方が結婚されて間もなく1年。
言葉や文化の違いから、何度もトラブルはありましたが、(その度に相談の電話がかかってきたのですが・・・)無事に更新の日を迎えることができました。
末永くお幸せに。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ